心に備わる「苦しみ製造機」—その根源にある5つの煩悩(Yogasūtra2.3)


煩悩とは、①無知、②自我意識、③貪欲、④嫌悪、⑤生命欲である。

苦しみや悩みというのは多種多様で、ブッダが「四苦八苦」とか「一切皆苦」と教えたように、あらゆることが苦しみになりえます。私たちは 【店舗取付サービス】【コペン L880 エスケレート】コペン 3点セット カーボン製、その苦しみにぶち当たるたびに、何とか元の安心した状態に戻りたいと思い、1つ1つに解決を求めます。「こんな悩みがある。どうしたらいいのか? 何を選択したらいいのか? うまく切り抜けることはできないものだろうか?」と。

しかし、苦しみというのは、個々別々のものではなく、苦しみを生み出す仕組みが心の中にあるから生まれるのだというのが、ブッダやヨーガ行者たちが至った結論でした。ですから、1つ1つの苦しみに対処していっても、それは一時的な対処療法、応急処置にすぎず、苦しみを生み出す仕組み自体をなくさないかぎり、結局また同じような苦しみを味わっていかなければならないということです。

つまり、私たちは「苦しみ製造機」を心に備え付けてしまっているのです。どんな材料であれ、その苦しみ製造機に入れられると、生産されて出てくる結果は苦しみです。その仕組み自体を理解し、解体し TAKEROS オデッセイ RA1-5 Ver.2 サイドステップVOL.2、すっかり働かなくしてしまうことで、根本的な解決が図られます。

どんなものでも(たとえ愛というものでも)苦しみに変えてしまう、その装置の根源にあるのが煩悩です。煩悩とは、文字通り「煩らわせ、悩ませるもの」であり、苦しみの根本原因です。それは単なる個別の欲望ではありません。まるで本能のように、人間の心にべったりと張り付き、それがあって当たり前のように思い込んでいる無意識のうちの条件付けです。

それは、①無知②自我意識③貪欲④嫌悪⑤生命欲の5つだといわれます。

⑤生命欲つまり生存本能は、命あるものであれば、

、すべてが備えている本能だと思います。しかし、それへのこだわりが苦しみを生み出しているといいます。つまり、自分を物質的な肉体と同一視し、肉体的生命を愛おしむあまり、あらゆる苦を自分や他人に与えてしまいます。それは自己犠牲とはまったく逆の観念です。

その最も顕著な表れが、食欲と性欲だと思います。食べて肉体を維持することは生命として不可欠なことですが、人間はそれが行き過ぎています。美食のために他の生命を奪い、吐いてでも食べるような過剰な欲望を生み出します。それは単なる肉体の維持という範囲を超えています。そして、人生全体が食べるためにあるかのような大きな錯覚に陥り、そのために身を削って働かねばならず、またそのために肉体を維持しなければならないという、欲望に振り回されるだけの無目的な生命存在に成り果てます。

食欲が個々の生命を維持するための生命欲だとすれば、種族としての生命欲は性欲に表れています。セックスをする大義名分は種族を残すためです。子供を作る気がないなどというと、まるで人類への義務を怠っているかのような非難を受けることがあります。しかし、それはあくまで言葉上の大義名分であって、子供を産ませたい人も、産みたい人も、本音は別のところにあります。

それは種族であれ、一族であれ、家系であれ、自分と自分から連なる物質的・肉体的な連続を絶やしたくないという欲望です。自分の肉体に対する執着は、自分一人の肉体だけに留まらず、そこから生み出されるDNAの保存にまで及んでいます。そして、それは性欲という、生物の根本にすり込まれた本能として機能し、とにかくその仕組みの維持を図ることが当たり前で、セックスを行うことが人が生きる上での最大の魅力であるかように、感覚的快感というものも仕組まれています。

托鉢を行い、独身を貫く、ブッダのような出家修行者の生き方は、この煩悩的な本能に真っ向から挑戦するあり方でした。食欲と性欲に一生を費やし、その一瞬の快楽を得るために、人生のすべてを義務の連続に変え、犠牲にしてしまうことから脱却しようとしたのです。まさに、煩悩に基づいた原因・結果の無限連鎖。それを彼らはサンサーラ(輪廻)と呼びました。そのサンサーラから自由になることを、モークシャ(解脱)といいます。

③貪欲④嫌悪は、要は、好き嫌いへの執着ということです。これもなかなかに複雑で、好きなものにも執着すれば、「またあれが欲しい。あれがないのは苦しい」と、良いものでさえ心は苦しみに変えてしまいます。そして嫌なものには、好きなもの以上に執着する傾向が心にはあるようです。嫌なことほど、いつまでもずっと覚えています。何度も思い出しては自ら苦しみを味わおうとする、そんな仕組みが見つけられます。不満や愚痴や、他人への悪口で人生が埋め尽くされるのを TOYOTIRES トーヨー プロクセス CF2 SUV PROXES サマータイヤ 235/55R18 WEDS WedsSport ウェッズ スポーツ RN-05M ホイールセット 4本 18インチ 18 X 8 +35 5穴 114.3、私たちの心は自ら望んでいるかのようです。どんな良いことも幸福も、この装置にかかると、嫉妬や不快感という苦しみの結果だけが残ります。

確かに、私たちは日々そんなことをしています。ぐるぐるとその中を回り続けています。自分の心自体がそれを望んでいるのですから、誰も止めるものはありません。欲と執着と苦しみの無限連鎖が、人生そのものになってしまいます。

そういった煩悩のさらに深い原因が②自我意識です。自我意識については3つあとのスートラで説明されますが、要は、誤ったところに自分があるかのように思い込んでいることです。

手はつかむ働き、脚は歩く働き、眼は見る働き 送料無料 ベレッツァ キューブ Z12 シートカバー カジュアルSライン 品番:432 Bellezza、耳は聞く働き、心はそれらを統合する働きをもちますが、私たちはそうした働きと自分を完全に結びつけてしまっています。ちょうど、召使いと主人はまったく別の存在なのに、どちらが主人か区別が付かなくなっているかのようなものです。肉体や感覚や心の機能が、自分というものと渾然一体となって、「私がつかむ、私が歩く、私が見る、私が聞く、私が思う」と思い込んでいます。これが当たり前で、極めて自然に思えるほど、私たちの自我意識は固定化されています。まさに本能を超えた本能。それだから、「私は苦しい」と、何の疑問もなく、瞬時に感じてしまうのです。

貪欲と嫌悪、そして生命欲の根本は、この自我意識にあります。インドに限らず、世界の歴史を通じて、宗教や道徳が「エゴをなくすように」と教えるのは、本来はあらゆる苦しみを避け、なくしていくためです。社会を安全に保つとか プロジェクトμ レーシング777 フロント左右セット ブレーキパッド スプリンターカリブ AE115G F182 プロジェクトミュー プロミュー プロμ RACING777 ブレーキパット【店頭受取対応商品】、ひとに迷惑をかけないとかいうようなことは ビート BEET フェンダーレスキット 06年-07年 ニンジャ ZX-10R 0612-K85-00 JP店、二次的に生まれてきたことです。自分と他人をエゴの壁で区別しないことが、非暴力や正直という形で実行されるべきだからです。社会を成り立たせるために、あるいはひとに嫌われないように、仲間外れにされないように、そうするわけではありません。非暴力も正直もひとのため以上に、自分のためになることです。

つまり、私たちは、何が自分のためなのか本当には分かっていない。それは 、自分が何なのか分かっていないことに原因があります。間違えたものを自分だと思っていれば、「自分のため、自分のため」と思っていても、間違ったことばかりするに決まっています。驚くべきことに、そんな根本的なところが分かっていないんです。私たち全員が。

それを①無知といいます。自分が自分を分かっていない、自分でないものを自分だと思っているということです。敵を攻撃していると思ったら味方を攻撃していた……って、ちょっとシャレにもならないでしょ? 逆に、味方に補給をしているつもりが、敵に武器や弾薬をどんどん渡していた……って、いったい何やってるの?というような基本的な戦術ミスです。

そんなことをしていれば、そりゃあ苦しみもどんどん生まれるよ、というような、とんでもない仕組みです。これを「苦しみ製造機」だと言ったのです。だからブッダはこの仕組みが変わらないかぎり、この世に生きることは「四苦八苦」であり、「一切皆苦」であると言ったわけです。ブッダは人の心の奥深くに突き刺さる“矢”を見つけたと言っていますが、それは「私のもの」に執着する煩悩のことでした。(「私は人の心の中に潜む葛藤の“矢”を見つけた」「この世の人は『私のもの』に取り憑かれている」)

苦しみは単なる1つ1つ単独の出来事ではありません。そこには本能とも呼べるような、あるいは、さらにその本能さえも超えるような、強固に組み上げられた煩悩という構造的仕組みが心に備わっています。その装置がじゃんじゃん苦しみを生み出して、心もその活動を良いものだと思って、どんどん燃料を補給し、材料を提供しているのが実情です。ブッダやヨーガ行者たちは、それが分かりました。そして、真理を求める者、一生苦しみにあることをよしとしない者のために、それを言葉にして残したのです。


マットブラック4本セット 20x9Jオフセット12mm M12 20インチアルミホイール TJラングラー マンバオフロード マットブラック4本セット 【送料無料】 ラングラーTJ、ジープチェロキー等に マンバオフロード

Written by Sanatana