プロジェクトミュー NS-C LS600h/600hL UVF45 F Sports 12.10~ プロミュー 1台分 前後セット


 >  > プロジェクトミュー NS-C LS600h/600hL UVF45 F Sports 12.10~ プロミュー 1台分 前後セット
ENDLESS ZEAL Function PLUS7(B) スバル インプレッサ GVB用 品番:ZS708P07B【車高調】【自動車パーツ】エンドレス ジール ファンクション プラス7

前後セット LS600h/600hL プロミュー Sports Sports NS-C 12.10~ F プロミュー UVF45 プロジェクトミュー 1台分

プロジェクトミュー NS-C LS600h/600hL UVF45 F Sports 19 12.10~ プロミュー 195/55R16 1台分 前後セット

今から1500年以上前、南米大陸で文化が栄えたインカ帝国時代においても、アマゾン河流域の古代部族により伝統医療として用いられてきたのが、神の恵みや光を意味する言葉であるタヒボ(Taheebo)と呼ばれる薬木です。

タヒボの樹皮を南米の古代先住民であるインディオが病気の予防や治療に用いたことから、その効用が知られています。
古代において、最も辛い痛みや腫れを奇跡的に和らげたタヒボの効用から、人々はこの木を「神からの恵みの木」とも呼び、古代において精神的な指導者としてまた医師をも兼ねた高位の祈祷師に重用され、タヒボの採取地は祈祷師の子々孫々のみに伝えられ、時には金と交換するほど貴重なものとされました。
南米アマゾンのジャングルには S2000 AP1/AP2 エンジン型式:F20C用 エンジントルクダンパー オプションカラー:(5)グリーン シルクロード 3AJ-N08【送料込/送料無料】、赤道直下の強い太陽の光と大量の雨や川の水に恵まれて、多種多様な植生群が広がっており、様々な薬効をもつ薬用植物が古代の医療法として実践され、また淘汰されてきたものと推測されます。

2.タヒボとは

タヒボは、南米ブラジル・アマゾンの熱帯雨林に自生する直径1.5m以上、高さ30mにも達する大木で、学名をノウゼンカズラ科タベブイア・アベラネダエ(Bignoniaceae Tabebuia avellanedae Lorentz ex Griseb)といいます。
ノウゼンカズラ科の植物は世界中に700種以上あると言われますが、その中のタベブイア属は、全米地域に100種以上存在しています。
その中で最も薬効が高いのが赤紫色の花を咲かすアベラネダエ種です。
ブラジルでは、タヒボの木は一般にイペー(Ipe)と呼ばれ、その他イッペ、イッピ、パウダルコ、イペウーバなどとも呼ばれており、イペーとはツピー語(土語)で「皮の厚い木」という意味です。
また、イペーの木は、毎年7月~9月頃に咲く花の色により、大きく3つに大別され、紫色の花を咲かすイペー・ロショ(Ipe-roxo)、黄色のイペー・アマレーロ(Ipe-amareilo)、白色のイペー・ブランコ(Ipe-branco)の3つがあります。
黄色の花のイペーは 15インチ サマータイヤ セット【適応車種:エディックス(BE系)】A-TECH シュナイダー SQ27 メタリックシルバー 6.0Jx15RADAR RPX800 195/65R15、ブラジルの国花として、国民から大変親しまれ観賞用や街路樹としても愛されている花木です。
また最近では、日本の沖縄県で黄色のイペーが植樹され、気候的にも温暖なため各所で街路樹として根付いています。
薬効は、紫色のイペー・ロショが最も高く、次に黄色のイペーが続き、白色のイペーはほとんど効果がないと言われています。
ただし ★色番号塗装発送JB23 ジムニー フロントグリル【プロスタッフ】ジムニー JB23 ~2型 フロントグリル、紫色のイペー・ロショは、種類が一番多く50種以上もあるため、本来の高い薬効をもつ木は、樹齢30年以上でジャングルの北部特定地域に自生する樹種のタベブイア・アベラネダエ(Tabebuia avellanedae)に限られることが長年のブラジルの研究でわかっています。 タヒボの木から薬用として使用されるのは、木質部分と外皮に挟まれた厚さ7㎜程の内部樹皮のみのため、一本の木から得られる薬用原料はわずかであり、またタヒボは群生せずジャングルの広範に生育することから、その採取は大変困難を極めることが想像されます。
現地ブラジルでは、古来より体験的にその薬効が知られており、タヒボの内皮は古くからお茶としても飲用され、今日においても病気の予防や治療、健康保持・回復に役立てています。

3.タヒボが作る化学物質

植物はその体内で二次代謝物として様々な化学物質を作っていますが、南米アマゾンの薬用植物は、その生育環境に葉を食べたり、幹や根を害する多くの強い生物、特に昆虫類は世界一存在することから、南米植物はそれらに対する対抗進化として強力な化学物質を作り出しています。
また赤道直下の強い太陽の光は植物の光合成を活発化させ、それが様々な化合物の生産をより可能にしています。
タヒボもその様なアマゾンの薬用植物の一つとして、薬効の高い化合物を生産しています。

南米ブラジルでタヒボ研究の権威として広く知られているのは、サンパウロ大学名誉教授ウォルター・ラダメス・アコーシ博士(1912年~2006年)です。
アコーシ博士は、50年以上にもおよぶ南米薬用植物の調査と研究を行い、その貢献からブラジルの科学者として最高の栄誉である『国家科学賞』を受賞した人物として知られています。
アコーシ博士は、タヒボががんや白血病に優れた効果があることをゴンサルヴェス・デ・リマ博士などのブラジルの化学者や医師とともに証明し、タヒボの内皮が含むキノンという植物色素がその有効性の鍵であることを見出しました。
そしてアマゾン河流域の特定地域に生育するタヒボが、特に他地域の同種の樹木と比べて有効性が高いことを発見しています。
1960年代からタヒボの科学的な研究は欧米を中心に始まっていましたが、アコーシ博士によるタヒボの研究成果をもとに、多くのブラジル人やアメリカ人のがん患者が救われた BLITZ ブリッツ Smart-B.R.A.I.N. スマートブレイン【15164】 難しい配線は必要なし!スマートフォンはiOS/Andoroidに対応。人気のタブレット端末でも表示可能!、という記録が残されています。
私がタヒボの研究のため、ブラジルのアコーシ博士の研究所を訪れた時には、西洋医学の病院に行けない多くの貧困者のために自身の薬局で植物から処方した医薬品を無償配布しており、連日研究所の周りには長い行列ができていたとのことでした。アコーシ博士の博愛の精神に大変感銘を受けたことを印象深く覚えています。
1970年代には、ドイツの著名な研究者であるワグナー博士によって、タヒボを含む数種のイペーから有効成分の分析や化学構造の解析が行われ、多くの新たな化合物が見つかっています。
また、天然に存在する多くの芳香族類がタヒボの中にも認められ、生物資源としての有用性が期待がされています。

タヒボを含むイペーの木の木質部に2~3%の割合で含まれるラパコール(Lapachol)と呼ばれる成分は、米国で抗がん物質として国立がん研究所(NCI)で臨床試験が行われましたが、当時の抗がん剤と同程度の効果であり、その時から米国でのタヒボの研究は中断されていました。

4.タヒボの抗がん成分

1980年代に入り、日本の研究者によるタヒボの研究成果が発表されています。京都大学薬学部薬用植物化学の上田伸一博士(1931年~1996年)は、人工物質としては最大の毒性を持つダイオキシンの化学構造を決定した人物として知られ、ニチニチソウの成分から発見された抗がん剤「ビンクリスチンの開発にも携わり、薬用植物のもつ様々な有効成分を研究していました。
日本薬局方に医薬品(利尿剤)として収載されている、キササゲ(Bignoniaceae catarupa ovata)の実の有効成分を探索していた時に、同じ科のタヒボの強い抗がん作用を知り、京都大学においてタヒボの研究がスタートしました。
上田博士がタヒボの抗がん物質の探索と化学構造を確認し、京都府立医科大学生化学の徳田春邦博士(現、金沢大学大学院補完代替医療学准教授)がその物質の抗がん作用を調べる共同研究が始まりましたが、当初思うように強い抗がん物質を見つけることはできませんでした。
その後、日本で初めてタヒボを紹介した元大阪証券取引所理事の畠中平八氏を中心としたタヒボの研究と普及のネットワークが発足し、ブラジルのアコーシ博士との共同研究も開始され、より有効性の高い試料が用いられ、タヒボの植物細胞を培養する方法で成分を導き出し、ついに最も強い抗がん成分が発見されました。その物質は、タヒボがもつ植物色素キノンの一種のナフトキノンという化合物で、2-(1-hydroxyethyl)-5-hydroxy—naphtho[2,3-b]furan-4,9-dioneという化学構造式をもち、後に研究者からNQ801と呼ばれる成分でした。

上田、徳田両博士は、この研究結果をイギリスの「PHYTOCHEMISTRY」(ファイトケミストリー)誌とドイツの学術誌に論文報告しています。
また1989年の名古屋の日本癌学会総会から学会発表をおこない、その後5年間連続で同学会での研究発表をおこない、その後も多くの研究者により発表がおこなわれ、今日までタヒボの学会発表は156回におよび、学術論文は21本になっています。
また、上田、徳田両博士を発明者として、NQ801は1997年に米国で「抗がん剤」、その後中国、台湾でも「抗がん剤」として医薬製剤の特許が取得され、日本でも「発がんプロモーション阻害剤」として特許取得されています。
特許公報によれば、NQ801には21種のがん細胞に効果があり、その濃度では正常細胞には全く影響しない選択毒性効果があり、従来の抗がん剤のような副作用をともなわない抗がん作用の可能性が示されています。
私のタヒボの研究では、抗がん効果と抗炎症効果、抗酸化効果、鎮痛解熱効果、保湿効果があることが証明され、その内容については日本薬学会、未病システム学会などで発表をおこなっています。また、これらの研究成果は「化学と工業化学」誌に2本の論文として報告しています。

その他のタヒボの有効成分としては、フラボノイド類、グリコシド、キノン(ナフトキノン類) 、テルペン、サポニン、タンニン、ペキチン、オシロイジンなど様々な物質がみられ、ビタミンB6、B12、ナイアシン、イノシトール、葉酸などやカリウムやカルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄などのビタミン・ミネラル類も確認されています。

5.タヒボのこれからの研究と応用

現在、タヒボに関しては、様々な研究発表が行われています。
タヒボの抗がん作用である転移浸潤抑制作用、アポトーシス誘導作用、新生血管阻害作用に関しては、宮城県立がんセンターの海老名卓三郎博士(現、東北福祉大学健康科学部教授、財団法人仙台微生物研究所理事長)により、明らかにされ、「バイオテラピー」誌2誌に論文報告されています。
吹田市民病院の大山武司医師(現、大山泌尿器科院長)は、同病院の泌尿器科部長の時に、末期の肺がんや膀胱がん患者に対してタヒボを使用し、縮小治療に成功し、その臨床結果をヘルス研究所発行の「タベブイア・アベラネダエの薬効」、「タベブイア・アベラネダエの臨床」の書籍に発表しています。
最近では、ホスピスの札幌がんヴィレッジ院長の平田章二医師からの末期がん患者へのタヒボ使用の報告があり、タヒボの人がんへの効果が確認されています。
徳田博士からは、糖尿病患者の発がん因子とされる糖とたんぱく質が反応した結果できるAGE(Advanced Glycation Endproducts )の発がん阻害作用や肺がん発症の一因とも考えられる一酸化窒素ドナーによる発がんの阻害作用、がん細胞内でのがん増殖シグナルの伝達阻害作用などが報告されており、また抗炎症効果をもたらす物質であるパウロニン(Paulownin)の発見など、様々な有効性が毎年報告されて続けています。

6.タヒボの安全性

タヒボの安全性に関しては、オーストリアのNOSOMI診療所のヘルムート・バチョフスキー医師が、「がん患者12人健常者11人でのタヒボ飲用の安全性を確認し「新薬と臨床」誌に論文報告し、私もまたタヒボを添加物とした厚労省の特定保健用食品の研究の中で実施した、「健常者12例・2週間タヒボ飲用の安全性試験結果を「健康・栄養食品研究」誌に論文報告しています。
また最近、石川県の総合病院において、がんの治療が完了した患者60人に対する6ヶ月間タヒボ飲用ヒト安全性臨床試験(2007年10月~2011年3月)が実施され、試験の結果、ヒト飲用に対する高い安全性が証明されています。(平成23年10月15日毎日新聞掲載)

7.NQ801化学合成とその後の進展

上田博士が発見したNQ801の研究は、その後京都大学薬学部の飯田彰博士(現、近畿大学農学部応用生命化学科教授)へと受け継がれることとなりました。
飯田博士は、タヒボの抗がん剤研究への道筋をつけるべくNQ801の合成研究を始めています。
現在までに、化学合成をするとできるラセミ体という混合物を分離してNQ801を合成する「ラセミ体分離法」、

プロジェクトミュー NS-C LS600h/600hL UVF45 F Sports 12.10~ プロミュー 1台分 前後セット
DIXCEL (ディクセル) リア ブレーキローター HS 3153230 アリスト UZS143 92/10~97/8!PRODACT SPORT プロダクトスポーツ アンダーカウル ボトムフェアリング 仕様:綾織 NSR50.ワイドトレッドスペーサー【11mm】シャトルハイブリッド/ホンダ/PCD 4H-100■キックス Kics W.T.S. ハブユニットシステム【2枚1SET】ワイトレ ツライチ 11ミリ/1.1cm/1.1センチ,205/50R17 89V YOKOHAMA ヨコハマ ECOS ES31 エコス ES31 ENKEI CREATIVE DIRECTION CDM1 エンケイ クリエイティブ ディレクション CD-M1 サマータイヤホイール4本セット

プロジェクトミュー NS-C LS600h/600hL UVF45 F Sports 12.10~ プロミュー 1台分 前後セット

、ラセミ体を作らないで直接NQ801を合成する「不斉合成法」、そしてより簡易に合成を可能としたパラジウム触媒を用いた「クロスカップリング法」によりNQ801の新規合成法の開発に成功しています。
飯田博士を発明者として、「ラセミ体分離法」は米国、欧州で製法特許が取得され、「不斉合成法」においては日米で製法特許が取得され、「Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters Vol.17 2007」、「Bioorganic & Medicinal Chemistry Vol.17 2009」誌に論文発表されています。
「クロスカップリング法」については「Chemical & Pharmaceutical Bulletin 59(10)2011」誌に論文発表され、現在、日・米・中・欧において製法特許の審査中とのことです。
また、世界的なスイスの大手製薬会社ホフマン・ラ・ロシュ社(世界第4位)では、タヒボが含む「β-ラパチョン」というナフトキノン成分について、「チェックポイント機能活性アポトーシス誘導剤」という新たな作用機序による抗がん剤の研究開発が進められており、現在臨床試験のフェーズⅠとⅡを終了しⅢの段階に入ったとの模様で、その結果からもタヒボの有効性がより確実なものとなることが予測されます。

8.おわりに

以上、タヒボの概要について述べてきました。
タヒボは、1500年以上の古来から薬用に用いられ、今日では日本のみならず世界中で、健康維持 カワサキ純正 カバー ジェットポンプ 59446-3758 JP店、回復のお茶として、広く飲用されています。
タヒボの内皮を煎じるお茶やエキス抽出した製品、NQ801を重点に考えられた製品など多くの商品も開発されている様です。
一方、がんは死因のトップとなり、現在は胃がんから肺がんに移り変わりつつ、2人に1人が罹患し、3人に1人ががんで亡くなる時代となってきています。
私は今後、タヒボをがん発症の予防茶として飲用すれば、その罹患率や発症率はより低下するのではと考え、私自身、タヒボの研究を通してその効果と可能性を確信する一人として、

プロジェクトミュー NS-C LS600h/600hL UVF45 F Sports 12.10~ プロミュー 1台分 前後セット

、がんの治療と予防に大きな可能性を思わせる素材の一つだと感じています。

以上

ページTOP

一般社団法人 統合療法推進協会   APIM/The Association for Promoting Integrative Medicine
Copyright ©プロジェクトミュー NS-C LS600h/600hL UVF45 F Sports 12.10~ プロミュー 1台分 前後セット All Rights Reserved. © 2015 APIM All rights Reserved.
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-1560