ヴォクシー(ZRR70系) シートカバー Clazzio クラッツィオ [ クラッツィオエアー ] シートカバー 【コンフォートシリーズ/メッシュ/PVC/抗菌防臭/難燃加工】 アイボリー タンベージュ ライトグレー ブラック 【RCP】02P09Jul16新作人気商品


ヴォクシー(ZRR70系) シートカバー Clazzio クラッツィオ [ クラッツィオエアー ] シートカバー 【コンフォートシリーズ/メッシュ/PVC/抗菌防臭/難燃加工】 アイボリー タンベージュ ライトグレー ブラック 【RCP】02P09Jul16【極美品】

コントロールは、一般的にデフォルトの状態でもある程度使えますが
場合によっては、

KTC ( 京都機械工具 ) チェーン型オイルフィルタレンチ 適用径 φ89~142 AE502

、特殊な動作が要求されることもあります
とくに、商用のアプリケーションともなればデフォルトの状態の完成度では
コントロールの使い勝手が悪く、売り物にならないということもあります

よりアプリケーションの目的に合った動作をコントロールに求めるには
コントロールの一部のメッセージ処理を変更するということが望まれます

一般に、あるウィンドウクラスのウィンドウは全てが同じウィンドウプロシージャを使います
しかし、基本的な動作は全て同じだが、ある動作だけ異なるウィンドウを作りたい場合
これだけでは、多様性に欠けています

そこで 【DC2 インテグラ TypeR ジェイズレーシング】INTEGRA DC2 TYPE-R ダイレクトクラッチライン、単一のウィンドウやコントロールにいわゆる個性を持たせることによって
特別な処理ができるようにする方法が ウィンドウのサブクラス化 です

コントロールにも、当然ウィンドウプロシージャが存在します
しかし、ウィンドウプロシージャの正確な位置はわかりませんでした
これは GetWindowLong() 関数で GWL_WNDPROC を指定して得ることができます

と、同時に SetWindowLong() という関数も存在するのです
この関数を用いればウィンドウプロシージャのすり替えができてしまいます

LONG SetWindowLong(HWND hWnd , int nIndex , LONG dwNewLong);

hWnd には設定するウィンドウやコントロールのハンドルを
nIndex は KYB カヤバ ローファースポーツ 1台分前後セット トヨタ エスティマルシーダ CXR21G 92/01-98/06 WST5076RL/WSF2014Z、どの値を設定するかを示す定数を指定します
dwNewLong は、新しく設定する値を指定します

関数が成功すれば、以前設定されていた値が返り、失敗すれば 0 が返ります
nIndex に指定する定数は GetWindowLong() 関数と同じです

これで、自作のウィンドウプロシージャをコントロールに採用させることができます
しかし、全ての処理を変更するというケースはごくまれでしょう
//それならば、ウィンドウクラスを定義して独自ウィンドウを作るべきだ

通常は、本来コントロールが持っているウィンドウプロシージャの機能に
独自の機能を上乗せする、または一部の処理を変更する程度のはずです
DefWindowProc() のように TOYO オブザーブ ガリット GARIT GIZ スタッドレス スタッドレスタイヤ 165/65R14 WEDS ウェッズ TEAD TRICK テッドトリック ホイールセット 4本 14インチ 14 X 4.5 +45 4穴 100 ロッキー ルーフキャリア SAシリーズ 専用タイプ SA-11 ミツビシ/三菱/MITSUBISHI ミニキャブ 標準ルーフ U60系 H11.1~、興味のないメッセージは本来の機能にまかせたいものです
そこで、プロシージャを変更する前にあらかじめ GetWindowLong() 関数で
コントロールのウィンドウプロシージャのアドレスを取得しておきます

このアドレスを CallWindowProc() 関数で用いることで
興味のない処理部分を従来のウィンドウプロシージャにたくすことができます
LRESULT CallWindowProc(
WNDPROC lpPrevWndFunc,
HWND hWnd,
UINT Msg,
WPARAM wParam,
LPARAM lParam
);
lpPrevWndFunc に POWERSTANDS RACING パワースタンズレーシング ガード・スライダー FRAME SLIDERS SUZ CRBN [0505-0799] GSX-R600 2008 - 2009 GSX-R750 2008 - 2009、呼び出すウィンドウプロシージャのアドレスを指定します
それ以外は、WNDPROC 型の引数と同じなので省略します
 <windows.h>
WNDPROC DefStaticProc;
LRESULT CALLBACK StaticProc(HWND hwnd , UINT msg , WPARAM wp , LPARAM lp) {
(msg) {
WM_NCHITTEST:
(GetKeyState(VK_LBUTTON) < 0)
MessageBox(
hwnd , TEXT("Kitty on your lap") ,
TEXT("Kitty") , MB_OK
);
0;
}
CallWindowProc(DefStaticProc , hwnd , msg , wp , lp);
}
LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hwnd , UINT msg , WPARAM wp , LPARAM lp) {
HWND rect_box;
 (msg) {
WM_DESTROY:
PostQuitMessage(0);
0;
WM_CREATE:
rect_box = CreateWindow(
TEXT("STATIC") , TEXT("Kitty") ,
WS_CHILD | WS_VISIBLE ,
0 , 0 , 200 , 45 ,
hwnd , (HMENU)1 ,
((LPCREATESTRUCT)(lp))->hInstance , NULL
);
DefStaticProc = (WNDPROC)GetWindowLong(rect_box , GWL_WNDPROC);
SetWindowLong(rect_box , GWL_WNDPROC , (LONG)StaticProc);
0;
}
DefWindowProc(hwnd , msg , wp , lp);
}
WINAPI WinMain(HINSTANCE hInstance , HINSTANCE hPrevInstance ,
PSTR lpCmdLine , nCmdShow ) {
HWND hwnd;
MSG msg;
WNDCLASS winc;
winc.style= CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
winc.lpfnWndProc= WndProc;
winc.cbClsExtra= winc.cbWndExtra= 0;
winc.hInstance= hInstance;
winc.hIcon= LoadIcon(NULL , IDI_APPLICATION);
winc.hCursor= LoadCursor(NULL , IDC_ARROW);
winc.hbrBackground= (HBRUSH)GetStockObject(WHITE_BRUSH);
winc.lpszMenuName= NULL;
winc.lpszClassName= TEXT("KITTY");
(!RegisterClass(&winc)) -1;
hwnd = CreateWindow(
TEXT("KITTY") , TEXT("Kitty on your lap") ,
WS_OVERLAPPEDWINDOW | WS_VISIBLE ,
CW_USEDEFAULT , CW_USEDEFAULT ,
CW_USEDEFAULT , CW_USEDEFAULT ,
NULL , NULL , hInstance , NULL
);
(hwnd == NULL) -1;
while(GetMessage(&msg , NULL , 0 , 0)) DispatchMessage(&msg);
msg.wParam;
}


マウスを左クリックするとダイアログを表示するスタティックコントロールです
本来スタティックコントロールは入出力を受けつけていませんが
このように独自のウィンドウプロシージャを用いて処理させることができます

当然、本来の機能である描画などは従来のプロシージャが行っています

Windows Internet Explorer などのスクロールバーを右クリックするとポップアップが出たり
キーボードの上下キーでスクロールしたりするスクロールバーを作るには
このように、サブクラス化して機能を拡張する方法が取られます


SetWindowLong()

LONG SetWindowLong(HWND hWnd , int nIndex , LONG dwNewLong);

ウィンドウの属性を変更します

hWnd - ウィンドウのハンドルを指定します
nIndex - 変更する属性を表す定数を指定します
dwNewLong - 新しく設定する値を指定します

戻り値 - 成功すると前に設定されていた値 、失敗すると 0

nIndex には次の値を指定します

定数解説
GWL_EXSTYLE拡張ウィンドウスタイルを取得します
GWL_STYLEウィンドウスタイルを取得します
GWL_WNDPROCウィンドウプロシージャのアドレス
またはウィンドウプロシージャのアドレスを示すハンドルを取得します
GWL_HINSTANCEアプリケーションのインスタンスハンドルを取得します
GWL_HWNDPARENTアプリケーションのインスタンスハンドルを取得します
GWL_IDウィンドウの ID を取得します
GWL_USERDATAウィンドウに関連付けられた
アプリケーション定義の 32 ビット値を取得します
hWnd にダイアログボックスを指定している場合は
次の値を指定することもできます

定数解説
DWL_DLGPROCダイアログボックスプロシージャのアドレスを設定します
DWL_MSGRESULTダイアログボックスプロシージャ内で処理された
メッセージの戻り値を設定します
DWL_USERハンドルやポインタなどの、、アプリケーション固有の拡張情報を設定します

CallWindowProc()

LRESULT CallWindowProc(
WNDPROC lpPrevWndFunc,
HWND hWnd,
UINT Msg,
WPARAM wParam,
LPARAM lParam
);
指定したウィンドウプロシージャにメッセージを渡します

ヴォクシー(ZRR70系) シートカバー Clazzio クラッツィオ [ クラッツィオエアー ] シートカバー 【コンフォートシリーズ/メッシュ/PVC/抗菌防臭/難燃加工】 アイボリー タンベージュ ライトグレー ブラック 【RCP】02P09Jul16【最新アイテムを海外通販】



lpPrevWndFunc - ウィンドウプロシージャのポインタを指定します
hWnd - メッセージを受け取るウィンドウのハンドルを指定します
Msg - メッセージを指定します
wParam - メッセージの追加情報を指定します
lParam - メッセージの追加情報を指定します

戻り値 - メッセージ処理の結果が返ります



A-TECH/FINALSPEED GR-Γ アルミホイール 1本 パッソ 700系 【14×5.5J 4-100 INSET45 ガンメタリックシルバー】 プロジェクトμ レーシングN+ リア左右セット ブレーキパッド ローレル GNC34 R201 取付セット プロジェクトミュー プロミュー プロμ RACING-N+ ブレーキパット【店頭受取対応商品】 15インチ サマータイヤ セット【適応車種:N BOX+(JF系 ターボ車)】WEDS レオニス MX パールブラックミラーカット/チタントップ 4.5Jx15Bluearth AE-01 165/55R15 16インチ サマータイヤ セット【適応車種:デリカD:5(CV系 2WD)】HOT STUFF ヴァーレン W03 ガンメタリック 6.5Jx16VEURO VE303 215/60R16前のページへ 戻る ウェッズ ブレーキパッド レブスペック プライム ■WEDS REVSPEC PRIMES 【品番:N055】 フロント 日産 レパード JPY33 96/3~99/6次のページへ




{yahoojp} {wisdom.sakura.ne.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-64465