>  > 19インチGSS190系WEDS マーベリック 709M ブラッシュド 8.0Jx19ディレッツァ DZ102 245/35R19

19インチGSS190系WEDS マーベリック 709M ブラッシュド 8.0Jx19ディレッツァ DZ102 245/35R19

19インチGSS190系WEDS マーベリック マフラー 709M ブラッシュド 8.0Jx19ディレッツァ DZ102 245/35R19 SK

楽しくなければBYRではない

  • 楽しくなければBYRではない
    楽しくなければ仕事ではない      楽しくなければ商品ではない     楽しくなければ売り場ではない    楽しさを創るのがプロである

(小売り業の方 感想等頂けたら幸いです。 アドレスはプロフィールに)

最近の記事

このブログをマイリストに追加
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

« 景気が上向いている兆候?  定点観測 2013/9/26……93 | トップページ | 定点観測2013/10/25から2013年末商戦を予想しましょう ……95 »

2013年10月23日 (水)

マーベリック 19インチGSS190系WEDS 709M DZ102 マーベリック 245/35R19 245/35R19 ブラッシュド 8.0Jx19ディレッツァ

「交差主義比率でみる大手GMS、イオンリテール、ユニー、イズミ、3社の衣料品部門の商品経営力」

とても参考になるので

「小型量販衣料品店の動向を追う」2013年7月号よりそのまま掲載させて頂きました。

(図-1)は、イオンリテール、ユニー、イズミの衣料品部門の、平成16年2月期から平成25年2月期、この10年間における交差主義比率の推移をグラフ化したものです。これをみると次のことが言えます。

●私的・衣料品商売の実務経験則ですが ピボット(PIVOT) デジタルモニターDMC-G(水温,エンジン回転,電圧) トヨタ ヴィッツ NCP95 2NZ-FE H17.2~、「衣料品の商品経営では交差主義比率240以上を安定的に確保しないと赤字転落のリスク大」というのがあります。この経験則から、イオンリテール、ユニー、イズミ3社の衣料品部門の交差主義比率の推移を評価すれば、3社の数字はいずれも落第点ということになります。

ご存じのとおり、交差主義比率は、「年間商品回転率・数」×「粗利益率」の計算式でおこないますが、どんなかたちでも240以上になればよいというものではありません。

例えば、年間商品回転率・数5回×粗利益率48%=240、年間商品回転率4回×粗利益率60%=240、この2つの計算でも交差主義比率240を確保できます。しかし、衣料品の商品経営で最も大事なのは「商品回転日数の速さ(=年間商品回転率・数の高さ)」です。商品回転が遅くとも、粗利益率が高くして交差主義比率240をキープすればいいというわけにはいきません。

というのも、衣料品商売には、ファッションサイクルの短命化、めまぐるしく変化するファッショントレンド、季節・気候・気温の変化、激しい価格競争等のリスクが常にあるからです。そのため、商品回転が遅いと、これらのリスクに機敏に対応することができなくなり、大きな値下げロスを余儀なくされ、大損失を被ることになります。したがって、衣料品の商品経営にもとめられる姿は 、「低速商品回転」×「高粗利益率」という姿よりも、

19インチGSS190系WEDS マーベリック 709M ブラッシュド 8.0Jx19ディレッツァ DZ102 245/35R19,[#tong##]

c403t6006-t6006w51863-w51863d2731WEDS マーベリック 709M ブラッシュド19インチ タイヤ&ホイールセット  適応車種: GSS190系 他ご注文前に車両への適応確認をお願いいたします商品によっては、お取り寄せに時間をいただく場合がございますまた、欠品や完売の場合もございますので、ご注文前に納期の確認をお願いいたします取付ナットは付属しませんサイズ等がわからない・・・そんな時はお気軽にお問い合わせくださいアルミホイールメーカー名WEDSホイール名マーベリック 709Mサイズ(F)8.0Jx19 PCD114 5穴(R)8.0Jx19 PCD114 5穴カラー ブラッシュド備考タイヤタイヤ名DUNLOP ディレッツァ DZ102サイズ(F)245/35R19(R)245/35R19適応車種レクサス GS(S190系)2005~2012◆タイヤホイールは、取付車両の 車種・型式・年式・駆動方式・グレード等により適合する商品を選択する必要があります。 適応車種に該当する場合でも車両のグレード等により、一部装着出来ない場合もございます。ご不明な場合は必ずお問い合わせの上、ご注文ください。◆掲載画像は代表サイズのイメージです。サイズ・穴数により実際の商品とは異なる場合がございます。◆タイヤの製造年月日は、ご指定が出来ません。あらかじめご了承ください。◆取付車種によっては、純正のナットを使用しての取付ができない場合がございます。

、「高速商品回転」×「低粗利益率」で高い交差主義比率を確保するという姿の方がベターとされます。この考え方から、先の 【送料無料】 245/35R19 19インチ BIGWAY EURO BAHN by SPORTTECHNIC ST-X(シャインシルバー) 8.5J 8.50-19 PIRELLI ピレリ ドラゴンスポーツ サマータイヤ ホイール4本セット 輸入車 フジコーポレーション、大手GMS・イオンリテール、ユニー、イズミ、3社の衣料品部門の商品経営をその交差主義比率の数字から評価しますと、3社共通の最大の問題点は「年間商品回転率・数の低さ」です。

 

 

 

(表-1)に、3社の年間商品回転率・数(or商品回転日数)の推移をまとめてありますのでじっくりご覧ください。

(表-1)を見れば一目瞭然ですが、イオンリテール、ユニー、イズミ、3社の衣料品部門の年間商品回転率・数は、ほとんどか6回転以下の数字です。6回転以上の年は、イズミの平成25年2月期の6回、ユニーの平成16年2月期の6.1回、この二つしかありません。したがって、3社の衣料品部門の商品経営の姿は、「低速商品回転」+「高粗利益率」+「二桁の高い値下げロス率」という形になっています。私的・実務経験則から言いますと、「3社の衣料品部門の商品経営は、商品回転率・数(or商品回転日数)が8回以上、商品回転日数で45日以下になるまで」、①商品回転日数重視で徹底した在庫削減をはかるか、②売価政策を、今よりもローポジションにし、当初値入率も下げ、値下げロス率を抑え込む、この2つに取り組む必要があると思います。それができなければ、そう遠くない先に、衣料品の商品経営は破綻の危機をむかえることになるかもしれません。(そうなってほしくはありませんが・・・・・)

 

(表-2)は、経済産業省:商業統計-調査年度別・「業態別商品手持額・1事業所当たり商品手持額及び商品回転率」をもとに作成したものです。これを見ると、衣料スーパーでも年間商品回転率・数は7.5回転、、衣料専門店、衣料中心店にいたっては年間商品回転率・数が5回以下という数字です。衣料品商売の厳しさ BODY STYLE ボディースタイル フロントフェンダー ビーク エクステンション【Beak extension】 Tracer 700、苦しさが見えるようです。

ちなみに 14インチ 選べるデザインアルミホイール(ブラック系) 14×5.5J ミシュラン X-ICE3 XI3 185/70R14 新品スタッドレスタイヤホイール4本セット価格 ノート、アリオン、フリード、フリードスパイク など、ファッションセンターしまむらは、年間商品回転率9.5回~10.5回、粗利益率30%~31%ですので、彼らの交差主義比率は、低くとも、年間商品回転率・数9.5回×粗利益率30%≒285、普通の状態は、年間商品回転率・数10.5回×粗利益率31%≒325、このくらいの商品経営をやっています。彼らは、大手GMSの衣料品部門の経営力を、きっと「醒めた目」で見ていることでしょう。こんなことを言うと、「生意気な」と叱られそうですが、大手GMSが衣料品部門の商品経営力で「しまむらに勝てる日は来ない」ような気がしないでもありません。

 

---------------------------------------------

 

 

私の言い続けていることはもうご存じだと思いますが、

正攻法で勝ち続けることが大手GMSの使命であり 【マットワールド】 ダイヤライン柄フロアーマット1台分 MATWORLD ドレスアップシリーズ 品番:MI0076 タウンボックスなどにお勧め! DS64W系、それが顧客のためにもなるのにしまむらなどに後れを取っていくとは 淋しいばかりです。

 

衣料品の商品経営にもとめられる姿は、「低速商品回転」×「高粗利益率」という姿よりも、「高速商品回転」×「低粗利益率」で高い交差主義比率を確保するという姿の方がベターですが、真に目標とするのは「高速商品回転」×「高粗利益率」です。

 株式会社ポイントはローリーズファームやグローバルワークなどを展開するカジュアルウェア専門店チェーンですが、この10年売上総利益率は57.6%~60.5%で推移しており、ユニクロや無印良品などよりも上を行く日本で最高とも言えるSPAです。
 
株式会社ポイントは
決して流行の最先端を歩く会社ではありません。
安全で固いファッションの追求です。
 じっくり勉強してください。その強さが見えてくるでしょう。
 

 大手GMSも今みたいなPBの増やし方では売上も上がらない、回転率も上がらない。

点ではなく「面」、さらに「三次元の展開」へ急がなくてはいけません。

回転率の上がるPBの集団で売場を造り上げることです。

 

株式会社ポイントのメインである「ローリーズファーム」は、嘗て私がGMS内で展開していたSPA「プライムスポット」によく似ています。

 

プライムスポットの 設定ターゲットは35才でローリーズファームより上ですが、テーストや流行をさりげなく取り入れる方法など兄弟のようです。これの運営方法を平場に拡大しようとも考えていました。

 
 1995年に私は、低迷するGMS平場の活性化策として3〜40代婦人用品の平場をGMS平場特有の服種別売場ではなく、テースト売場に切り替える案を出し、四つに分類しトップスからボトムまでのテーストショップに作り替えるレポートを書き部長及び取締役に実行案として提出しました。
  当時は下記の分類でファッションテーストがおおよそ網羅できました。
 ・1.プライムスポット タウンカジュアル ジーニングカジュアル デイリーカジュアルの4カセットに分類してそれぞれSPA展開することを提案しました。
 ・2.プライムスポット =トラッドベースのやや甘めカジュアル 
 ・タウンカジュアル =街着としてオフィスでも着られるくらいまで広げたちょっとすましたウエア
・3.ジーニングカジュアル=この頃はまだジーニングカジュアルの世界がありました。
 ・4.デイリーカジュアル=ほんの1マイル圏内を意識したウエア)+スポーツ
その先鞭を付けていたのが私が運営していたプライムスポットです。
これは必ず成功するはずでした。
そして、その成功パターンで紳士・子供まで拡大しGMS衣料の平場をすべてSPAの集合体で造り上げる事も提案していました。
更にその後、リビング関連なども入れ込み大きなテースト平場へと拡大しようと思っていました。
しかし、
 プライムスポットも平場の活性化も理解のできない方により、潰されてしまいましたが、もしも推進していたらおそらく日本一のGMSとなっていたことでしょう。
がようやくSPAを立ち上げ実験中ですが、20年も前にユニーも私の案を取り入れていたらと 悔やまれます。
 
  この提案は今こそ少しでも早く実施したいですね。
 
ポイントは「誰に着てもらうか」です。
この「誰」がハッキリと分からないと成功しません。
ほんのちょっと見た感じですから間違っているかもしれませんが、IYはまだこの「誰」をわかっていないのではないかと感じます。

foo-d on 2013年10月23日 (水) at 01時06分 経営 | 固定リンク

« 景気が上向いている兆候?  定点観測 2013/9/26……93 | トップページ | 定点観測2013/10/25から2013年末商戦を予想しましょう ……95 »

コメント

コメントを書く

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-56304